ぽつりぽつり思うこと 感じたことや思ったことを書き溜めています

切り上げるタイミング

実際の年齢はわかりませんが、60歳を越えた人たちというのは場所がどこであれ同じ年齢の人たちが集まるような場所だとすぐに仲良くなるような気がします。それが病院であれ、何かの集まりであれ社交場と化してしまうような気がします。
同じ年代の人が集まる場所でなくとも、例えば携帯電話の機種変更に訪れれば、携帯電話とは全く関係のない話しを担当の店員さんにしだしたりします。相手は仕事で、お客さんですから嫌な顔一つせずに笑顔で一生懸命に話しを聞いてくれます。顧客を大切にするという意味では正解の対応だとは思うのですが、話しを切るタイミングというものも必要なスキルではないかと思います。
私の知り合いは美容室を経営しています。一人でお店を切り盛りしているのですが、長年やってきているため、お客さんの年齢層も上がってきていて、さらにお客さんの大半は女性ときています。女性はおしゃべりが大好きです。しかし彼は、仕事を通じてうまく聞き流すコツや話を切り上げるタイミングというものを得たようです。そうしなければ、やはりつらい部分があるのだと思います。
病院で診察を受けているときも、病気以外の話をだらだらと医師に話す人もいますし、それでは他で待っている患者さんにとても迷惑がかかるわけです。そういった人の扱いに慣れている年配の医師は話の切り上げ方をとてもよく心得ているようです。まだ経験が浅い若い医師も、相手の気分を損ねない話の切り上げ方を学ぶことも必要なスキルと言えるのではないでしょうか。医師もそうですが、看護師は日々の業務で患者に接するタイミングが医師よりも多いと思います。彼女らのほうが、医師よりもよっぽど大変かもしれませんね。高齢化社会の今、病院勤務の看護師は大変かもしれませんが、ストレスが少しでも減ればいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です